グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2014年02月23日

「モ~いじめないで」

神戸新聞NEXT 2月23日(日)5時31分配信

「モ~いじめないで」 乱暴者の但馬牛ユニーク飼育

おでこに「ペナルティー板」を付けた但馬牛(中央)。攻撃すると自分が痛い=篠山市大熊

牛の世界にも、いじめがあるといわれる。横腹に頭突きし、他に餌を与えない「やから」もいるとか。

そんな意地悪を防ごうとユニークな方法で育てている農家がある。


但馬牛の肥育農家木村善孝さん(67)=兵庫県篠山市大熊。技術には定評がある

育てる但馬牛のうち最高品質である神戸ビーフの割合は80%で、農家全体の平均57%を大きく上回る。

競りで買い付けた子牛を一定スペース内に4頭ずつ分けて育てている。

群れで過ごす牛は、強い順に上下関係を築いて秩序を保つ。

弱い牛を押しのけ、餌を独り占めする者もいる。

ストレスが強いと発育が悪くなり、肉質に影響が出るという。

頭突きされて炎症を起こし肉質が落ちることもある。

そこで、ねじを貫通させた板を用意。先端が「いじめっ子」の額に当たるように取り付けた。

名付けて「ペナルティー板」。

他の牛を攻撃すると自分の頭が痛くなる。

自ら悪さをやめさせる作戦だ。

愛媛の農家で見かけたのを参考に始め、肥育する120~130頭のうち10頭ほどが付けている。

数時間で効果が出ることもあれば、2年近く付けたままのケースもある。

板を付けた牛は、攻撃すると額が痛いため「自分がやられた」と感じて立場が逆転し、

いじめられる側になることもある。

牛同士の関係の変化を知るため、丁寧な観察が欠かせない。

「精いっぱい大事に育て最高の牛に仕上げたい」と木村さん。

一頭一頭に手を掛けるからこそできる方法だ。

人間に限らず、いろいろな生物の中にも

 イジメって存在するのですね!!


    

Posted by さとう整体 at 12:59Comments(0)その他

2014年02月15日

こんな凄い雪初めて

 ここって雪国???

 と思うくらいの積雪。 前橋は、な、なんと72センチとの報道です。







 この雪では身動きがとれません。

 金、土、日 の3日間は、家に有る食材で

 食いつないでいきます。

 お陰様でストックするのが趣味みたいなので

 よそ様のお家よりは、何日か生きながらえるかも??

 ※この積雪で主人はクライアント様からの

  事故報告の連絡が何件も入り、

  電話での対応に大忙しです。

  ついでに、私の仕事は雪でキャンセルになり3連休中!



  

Posted by さとう整体 at 16:58Comments(0)その他

2014年02月08日

よく降ります!!!

 大雪に成りそうね雪が降り続いています。

 庭のテーブル上の積雪 18センチ(午後4時)





 これ、トトロの笠。 

 右側にトトロが雪に埋もれています。



 球体の街路灯、なんと 長方形のような形になってます。





 庭の小人さんたち。

 雪のなか、頑張って番人をしてくれています。

 私の子供の頃には、大雪はしばしばありましたが、

 温暖化の影響なのか、近年は大雪と云う事が無くなりました。

 ちなみに、我が家の愛犬 ハニー&レモンは雪が大嫌いです。

 ♪犬は喜び庭かけめぐり~ と童謡に有りますが

 室内犬は過保護のため、寒さ暑さに非常に弱くなっています。


  

Posted by さとう整体 at 17:52Comments(0)その他

2014年02月03日

恵方巻

いつから始まったのか、この節分の習慣。

関西では、節分の行事ですが・・・・

この時期、スーパーやコンビニ どこでも売っています。

1月中は予約受付中とか・・・・

ちなみに、私も乗せられて購入しちゃいました。

今年は東北東を向いて丸かじり、だそうです。







こ~んな感じで食べちゃいました。

福が私のところに舞い降りてきます様に!!


  

Posted by さとう整体 at 14:37Comments(0)料理・食べ歩き

2014年02月02日

白鳥飛来 in Tamamura


 玉村町の烏川(岩倉橋付近)に、な なんと60羽位(私の推測)の白鳥。

 埼玉県上里町から来て下さるクライアントさんから教えて頂き

 行ってみました。







 真ん中の飛び立とうとしている白鳥、

 この子は食パンが投げられたのを取りに行こうとしています。

 この後驚いた事に、食パンの傍に行き仲間が来るまで待って

 仲間と一緒に分け合って食べていました。

 白鳥の間では役割やルールが有るようです。

 私達も見習わなければ・・・・・



 右側の子、少しグレーがかっていますよね。

 未だ大人に成ってないのかな????

 みにくいアヒルの子のお話を思い出しました。

 それにしても可愛いです。

 
  

Posted by さとう整体 at 11:08Comments(0)その他